中野眼科・理念・基本方針


中野眼科・理念・基本方針
     

白内障

白内障とは

目の中にあるレンズが濁るために、まぶしく見えたり物がかすれて見えるようになることを白内障と言います。加齢と共に発症するものもありますが、糖尿病やぶどう膜炎などの疾患が原因で生じるものや、ステロイドなどの薬剤が原因で生じるものもあります。

白内障の治療

濁ったレンズが元に戻ることはほとんどありません。早い時期には点眼液を用いて進行の予防をしますが、現在では白内障手術の進歩により比較的早期に手術治療を行うことが多くなっています。しかし、その適応には個人差があるため、主治医と十分話し合ってから決めた方が良いと思われます。

緑内障

緑内障とは

目の中の圧力(眼圧)が高くなるため、視神経が圧迫されることにより視野(見える範囲)が長い時間をかけて、徐々に欠けていく病気です。白内障と病名は良く似ていますが全く異なるもので、失明につながる恐ろしい病気です。自覚症状も末期になるまでほとんどありません。日本人では40代の17人に1人、60代の10人に1人が緑内障患者とされていますので、非常に高い有病率です。早期発見・早期治療が最も大切な病気の一つに数えられます。

これとは別に、急性に発症する急性緑内障発作というものもあります。突然の眼痛、頭痛、吐き気を訴え、適切に治療しないと一晩で失明することすらあります。

緑内障の治療

まずは点眼薬(眼圧降下剤)により、眼圧を下げることから始めます。定期的に視野検査を行い、進行の度合いを把握しながら外来で経過を観察します。一旦緑内障と診断されますと、ほとんどの方が一生点眼薬を使用することになります。点眼薬を数種類使用してみても、視野欠損が進行する場合には、外科手術を考慮致します。

結膜炎

結膜炎とは

まぶたの裏から白目の表面までを覆っている、薄い粘膜を結膜と言います。細菌やウイルス、アレルギーなどによって、この粘膜が炎症を起こし充血やかゆみ、痛み、目やになどが出るものを結膜炎と言います。なかには非常に伝染力が強く、学校保険法で登校が禁止されているようなものもありますので、目が赤いと感じられたら念のため眼科を受診することをおすすめします。また、花粉症などのアレルギーによって生じるものは早期からの治療が大切ですので、ピークを迎える前に受診することをおすすめします。

結膜炎の治療

結膜炎の治療は基本的に点眼薬のみで行います。まれに、強い細菌による結膜炎に対しては内服薬を処方することもあります。

ドライアイ

ドライアイとは

涙の分泌が減ったり、涙の質が変わって蒸発しやすくなったりして、目が乾くことをドライアイと言います。加齢に伴って涙の分泌量が減るということもありますが、最近ではコンピュータを用いた作業(VDT作業)の増加に伴い、瞬きの回数が極度に少なくなることによるドライアイも多く報告されています。
乾燥感として症状が出ることもありますが、疲労感やまぶしさなどといった症状として出てくることもあります。

ドライアイの治療

ドライアイの治療は基本的に点眼薬のみで行います。水分のみを補給するタイプの点眼薬や、保湿成分(ヒアルロン酸)が主体の点眼薬などありますが、最近では自己由来の保湿成分(ムチン)の分泌を促す点眼薬も開発されました。
これらの点眼薬によっても改善しない重度のドライアイに対しては、涙点という涙の排泄口を物理的にふさぐ、涙点プラグという材料を用いることもあります。

ものもらい

ものもらいとは

まぶたの中のできものを、一般に「ものもらい」と言いますが、眼科では霰粒腫(さんりゅうしゅ)・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と分類されます。まぶたの中には、脂が通るトンネルが一杯あり、出口が詰まって慢性的な炎症が起きるものを霰粒腫、トンネルの中に細菌による感染が生じたものを麦粒腫と言います。
「ものもらい」と言うと人から伝染しそうなイメージがありますが、「他人からものをもらったら治る」という迷信が元になっていますので、伝染の危険性はありません。

ものもらいの治療

霰粒腫を根治するには手術しかありません。しかし、ごく軽度のものや急性期には、ステロイド薬や抗菌薬などで消炎をはかります。また、手術がどうしても受け入れられない方には、ステロイド薬を腫瘤に直接注射するという方法もあります。ただし、何度も再発するような例は、手術をしないといずれ何個もものもらいができる多発霰粒腫という状態になり、美容的に大変問題になります。
麦粒腫は細菌感染ですので、抗菌薬の点眼や内服が主体になりますが、余りにも化膿が進んだ場合には、切開して膿を出すこともあります。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは

虹彩と呼ばれる茶目の部分は、毛様体、脈絡膜と名を変え目の中全体に広がっていますが、これらを総称してぶどう膜と言い、ここに炎症が起きるのをぶどう膜炎と言います。原因としては細菌やウイルス、糖尿病などの全身疾患や自己免疫性疾患などが挙げられますが、約半数は原因不明と言われています。
無症状のものから充血・眼痛・飛蚊症・視力低下を来すものまで、その症状は様々です。

ぶどう膜炎の治療

点眼薬のみで外来にて経過観察可能な軽微なものもありますが、大学病院にて精査・入院の上、点滴治療〜手術を必要とする重篤なものも少なくありません。

眼精疲労

眼精疲労とは

単純に「目の疲れ」と解釈されることがほとんどですが、眼精疲労ほど原因が多岐にわたるものもありません。6割はドライアイによるものですが、緑内障や眼瞼下垂といった眼科疾患にとどまらず、精神的ストレスや歯科疾患が原因である場合もあります。なかにはどうしても原因が分からず、何をしても効果の無いような例もあり、眼科医を悩ませる病気の一つです。

眼精疲労の治療

お話をよく伺った上で、眼科検査を一通り行い、目に問題があった場合は点眼薬や眼鏡処方などで対処します。目以外に原因があった場合は、関係する各科の施設にご紹介いたします。

飛蚊症

飛蚊症とは

黒い点や線、濁りなどがいつも視界に浮遊している状態が、まるで蚊が飛んでいるように見えるため飛蚊症と命名されました。生理的な変化によって、目の中身である硝子体というゼリー状の物質が濁ることによって生じることが多いのですが、時には網膜剥離やぶどう膜炎といった重篤な疾患のサインであることもありますので、油断は禁物です。このような症状を自覚しましたら、直ちに眼科を受診するべきです。

飛蚊症の治療

生理的な変化によるものは治療の必要はありません。常に視界に黒い点が飛んでいることは気になって仕方が無いものですが、2〜3か月で慣れてきます。
網膜剥離の場合は、早期であればレーザー治療、それ以上の段階になっていた場合は手術を要します。
ぶどう膜炎についてはぶどう膜炎の項目をご参照下さい。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

三大成人病の一つである糖尿病は、実に様々な合併症を引き起こします。糖尿病網膜症は、この糖尿病が原因で引き起こされる、失明につながる疾患です。最初の内は全く自覚症状がありませんので、健診で定期的に眼底検査を受けていない限りは見過ごされてしまいます。そのまま放置していると様々な病態(出血、増殖性変化、新生血管など)が現れ、目の中の構造が滅茶苦茶になって視力を失っていきます。自覚症状が出る頃には末期であることも多く、糖尿病と診断された方は定期的に眼科を受診することを強くお勧めします。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の進行程度によって、様々な治療があります。軽度であれば、止血剤、循環改善剤などの内服薬で経過を観察することも出来ますが、網膜(物を見る神経、目の中に壁紙のように内張りになっている)の一部に血液が行き渡っていないことが判明した場合には、レーザー光凝固術を行って網膜症の進行を予防します。糖尿病では血液の流れが滞っているために、網膜がむくんで視力が低下することがありますが、これに対してステロイド剤を目の外、あるいは中に注射するという治療を行います。また、重度の網膜症に対しては、外科的治療(硝子体手術)が行われることもあります。

網膜動静脈閉塞疾患

網膜動静脈閉塞疾患とは

人間の体は血液によって酸素と栄養が運ばれています。心臓から酸素がたっぷりな血液を運んでくるのが動脈、使い終わった血液を運び去るのが静脈と呼ばれます。目の中にもこれら動静脈があり、いずれかの血管が詰まった場合を網膜動静脈閉塞疾患と言いますが、原因となる血管とその部位によって、

動脈が詰まった場合
 ・ 網膜中心動脈閉塞症  
 ・ 網膜動脈分枝閉塞症
静脈が詰まった場合
 ・ 網膜中心静脈閉塞症 
 ・ 網膜静脈分枝閉塞症

と分類されます。
どちらの場合も急激な視力低下や視野障害を起こすことが多いのですが、まれに無症状のこともあります。ほとんどの場合が高血圧や動脈硬化が原因ですので、思い当たる方は眼科も受診することを強くお勧めします。

網膜動静脈閉塞疾患の治療

この疾患も放置していますと緑内障や硝子体出血(目の中全体に出血が広がること)などを合併し、失明に向かっていきます。そのため、予防目的としてレーザー光凝固術を行ったり、ステロイド薬や血管内皮増殖因子阻害薬という特殊な薬を目の外、あるいは中に注射することもあります。
いずれの場合でも効果が無い場合には、外科的治療(硝子体手術)を行います。

 

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

近年注目を浴びている疾患です。黄斑とは、目玉の中央、突き当たりの部分にある、直径1.5〜2mmのわずかな部分の名称です。人間は視力の95%を、このわずかな部分で得ていると言われています。加齢黄斑変性とは、この大事な黄斑の裏側に老廃物が蓄積し、それにより直接あるいは間接的に視力が障害される疾患のことを言います。
加齢黄斑変性が発症しますと、ものがゆがんで見える「変視症」や、中心が見えなくなる「中心暗点」などが生じ、視力低下や色が分からなくなる色覚異常を来してきます。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性には「萎縮型」と「滲出型」があり、このうち治療の対象になるのは「滲出型」だけです。「萎縮型」には残念ながら治療法がありません。
現在最も多く行われているのは、血管内皮増殖因子阻害薬という特殊な薬剤を目の中に注射する方法です。他にも光線力学的療法やレーザー光凝固術といった方法もありますが、最近ではあまり行われなくなってきました。

 

中心性漿液性脈絡網膜症

中心性漿液性脈絡網膜症とは

原因は不明ですが、ストレスが大きく関係しているとも言われています。物を見る神経の膜(網膜)の中で、最も視力に関係する部分(黄斑)の裏側に水が溜まって網膜剥離になる病気です。壮年男性に多く、ほとんどは片方の目だけに発生します。
発症すると視野の中心が暗く見えたり、ものが実際よりも小さく見える「小視症」や、ものがゆがんで見える「変視症」が生じます。

中心性漿液性脈絡網膜症の治療

この疾患は2か月程度で自然に治ることもありますので、従来はしばらく様子を見ることもありました。しかし長い期間、ゆがんだ見え方の状態が続くと、治っても小視症や変視症が残ることがあり、最近では積極的な治療を行うケースが増えています。造影剤を用いた検査で責任病巣の位置が判明した場合、レーザー光凝固術を行ったり、光線力学的療法という特殊なレーザー治療を行うこともあります。

網膜ジストロフィー

網膜ジストロフィーとは

網膜ジストロフィーとは、物を見る神経の膜(網膜)に異常が見られる遺伝性の病気です。以下のように、様々な種類のものがありますが、暗いところで物が見にくくなる「夜盲」や視野障害、視力低下を来たすことが多いです。
 ・ 錐体ジストロフィー
 ・ 杆体ジストロフィー
 ・ 錐体杆体ジストロフィー
 ・ 網膜色素変性
 ・ ベスト病
 ・ 三宅病
 ・ スターガルト病
 ・ クリスタリン網膜症 など

網膜ジストロフィーの治療

残念ながら現在の所、網膜ジストロフィーに対する根本的な治療法はありません。ビタミンAや循環改善薬などの内服を行うこともありますが、その効果は実証されていません。現在、新たな治療法の開発に向けて世界中で研究が行われており、そういった情報を入手できるようにしておく意味でも、眼科医との繋がりは持っていたいものです。
 また、日本網膜色素変性症協会(http://jrps.org/)では患者・学術研究者・支援者の三者によって構成されており、網膜色素変性症や類似疾患の根絶に向けて活動しております。最新の研究成果などの情報に触れることができます。

 

医院のご案内
 
医院のご案内
医院のご案内
 
お問い合わせ

アクセス

地図

診療時間
診療時間

中野眼科
〒164−0001
東京都中野区中野4-3-1
 なかのサンクォーレ地下1階

03-5942-7550